UR ONLINE STORE
/
2018.11.09
秋冬。旬で粋なスーツをお探しの方に。





フランネルを使用したブラウンのスーツをオススメします。

秋冬限定という事でしたら、せっかくですので、起毛感があり、見た目も暖かなブラウンを私は選択しました。

ブラウンのスーツは「合わせるのが難しい」と良く言われますが、実のところ、そうでもありません。

一番簡単な手法として、スーツが『暖色系』なので、対照的にスーツ周りを『寒色系』である青系の色にすれば整います。

普段のスーツコーデにおいて、『白色』を用いている部分を『青系』に置き換えれば良いのです。

この場合、ネクタイは、ブラウンと青系の緩衝領域になるので、双方の色が混じった・白場(※1)のない(あるいは面積が少ない)物をチョイスしましょう。

今回のように、スーツの起毛感と合わせて、光沢がマットなウール混じりのネクタイですと、なおの事良いですね。



また、今回のコーデに限った話ではありませんが、スーツスタイルにおける足元は『ローファー』を強くオススメします。

ローファーによって靴下が見えるようになるので、靴下を『差し色』として機能させることができます。

今回はネイビー色を採用。

前回のコーデでも申し上げましたが、離れたところに同じ色を配すれば、コーデ全体に統一感が生まれます。



ちなみに、今回のコーデは大体、色の三原則である、明度・彩度・色相、における『色相(※2)』の操作のみによる構成です。

色相における『補色(※3)』関係を、ブラウンと青系の間で機能させております。

明度・彩度の操作に比べて峻別度合いは地味ですが、冬の太陽光というものは、夏のそれと比べて「ぼんやり」しているので、色相による操作で十分と考えました。

これらの仕組みについては下記の注釈をご覧下さい。





※1 白場:白色の部分の事。

※2 色相:色の度合い。虹の赤と紫を繋げて円環状にして表す。

※3 補色:色相の円環における対称の位置にあるの色同士。互いに互いを映えさせる効果がある。例えば『赤と緑』『青とオレンジ』等々。今回用いたブラウンは、明度・彩度を上げればオレンジとなり、青色と補色関係になる。

着用アイテム

    • DOORS
    • LIFE STYLE TAILOR フラノジャケット
    • カラー
      Brown
    • サイズ
      48
    • 25,920 円 (税込)
    • DOORS
    • LIFE STYLE TAILOR フラノパンツ
    • カラー
      Brown
    • サイズ
      48
    • 13,500 円 (税込)
    • DOORS
    • LIFE STYLE TAILOR indigo SHIRTS
    • カラー
      インディゴ
    • サイズ
      40
    • 8,640 円 (税込)
    • DOORS
    • STANDARD SUPPLY×DOORS 15th別注 COMMUTE DAYPACK
    • カラー
      コン
    • サイズ
      FREE
    • 24,840 円 (税込)
とじる
カラー
サイズ
在庫
お気に入り

秋本 琢磨のその他のコーディネート

  • 2018.11.15
  • 2018.11.10
  • 2018.11.04
  • 2018.11.01
  • 2018.10.30
ログイン 閲覧履歴 HISTORY もっと見る
新着アイテム一覧 NEW ITEM ランキング一覧 ITEM RANKING カテゴリ一覧 CATEGORY ショップ一覧 SHOP ブランド一覧 BRAND 特集一覧 FEATURE スタイリング一覧 STYLING ニュース一覧 NEWS
ステータス
在庫の有無
ショップから探す
価格から探す
カテゴリから探す
アイテムから探す
サイズから探す